派遣・単発業務の注意点

派遣・単発の注意事項

ここでは、派遣として期間を決めて業務を行ったり、1日からの単発で病院やクリニックなどでご勤務をする時の注意点を書かせて頂きます。

かなり当たり前の事を記載致しますが、事業所から苦情や勤務継続が出来なくなるような事態も起こりますのでご注意下さい。

①勤務日を守る→決まった日には必ず行く

当然の事ですが、スケジュールの管理がしっかり出来ておらず勤務日を間違える看護師さんもいらっしゃいます。

また、生身の体なので体調不良は仕方がないのですが、体が弱く定期的にお休みを取ったり、毎年、必ずインフルエンザに罹る方などは短期のご勤務には向いていらっしゃいません。

勤務者に余裕があり、急なお休みにもある程度対応して下さる常勤のお仕事の方が、体の負担や周りの負担もありません。

急なお休みが続きますと、安心して1名の勤務者と換算できない為、理由のいかんに係らずご勤務に入れなくなってしまいますので、勤怠はくれぐれもご注意下さい。

②最初から沢山の勤務を入れない

派遣などで回数が決まっている勤務は仕方がありませんが、単発のアルバイトなどで自分で勤務回数を調整して勤務出来るお仕事は1回程度試してみて、通勤や業務に問題が無いと確認が出来てから複数日のご勤務を組んでいただく事をお勧め致します。

職場は合う、合わないが必ずあります。

常勤で長く勤務をするのでしたら、そこのやり方に合わせて、一日も早く業務に慣れる必要がありますが、強制では無い単発のご勤務で複数の勤務を組んで、お仕事が継続出来ないのは本末転倒ですので、お試しが可能でしたら1日からご勤務をして頂く事をお勧め致します。

また、派遣の場合は出来るだけ最短の契約期間(3ヶ月程度)を設定して、業務に支障が無ければ契約更新をする方が安心です。

③職場で揉めない

常勤、派遣、単発のアルバイトでも色々な方が働いていて、説明の仕方がきつかったり、思いがけない事で怒られたり、逆に業務の方法に矛盾な点や無駄が多く、合理的な方法を説明したくなる場合も出てくると思います。

ただ、どの様な場合でも決して感情的になってはいけません。

くれぐれも現場で言い争う様な事が無いように注意して、問題がある行動に対しては細かい記録を取って現場の責任者とティープラスの担当者に報告をして下さい。

状況に応じて善処致します。

過去には・・・初めて単発の看護アルバイトに入って、適切な説明をしてくれなかったので、常勤者を怒鳴りつけて出入り禁止になった例や、医師の不適切な処置に対して現場でクレームを付けた(安全面を考えると正しい行為とも言えなくありませんが・・・)など、揉め事も幾つかあり、決して良い結果になっておりませんのでご注意下さいませ。

④貴重品や身の回りの品など不要な物は持って行かない

通勤途中や勤務先での盗難や紛失事故、患者さんや利用者さんによる破損事故なども起こっております。

業務の帰りにお買い物をする事もあるとは思いますが、金銭やカードなどの貴重品は必要最低限の所持として、出来る限り身に付けて保管をして頂くようにお願い致します。

また、ネックレスやピアスなどを付けて業務をする事は無いかと思いますが、破損や事故につながりますので、装飾品もご注意下さい。

実際に認知の利用者さんにネックレスを引っ張られ破損したと言う事象を他所で伺った事があります。

⑤忘れ物をしない

一番多い忘れ物はタイムカードの打刻です。

次いで多いのが給与振込口座と通勤交通費を申請する書類の未提出が挙げられます。

また、業務上で配薬を忘れてインシデントになったり、記録を忘れて後日呼び出されたり、電話で確認が行ったりする事もあり、看護業務での忘れ物は大きい事故の基です。

シューズや白衣、お弁当、ステート、筆記用具など必要な物はチェックをして持って行くのを忘れたり、職場に置き忘れたりしないようにご注意下さい。

⑥必要の無い場所や物には近づかない

初めての病院や施設などでは迷う事もあるかと思いますが、関係の無い場所に立ち入ったり、他の勤務者の私物が置いてある様な場所をウロウロすると、あらぬ疑いをかけられる事もあります。

また、防犯カメラが設置してある事業所も増えておりますので、別の件で事件や事故が起こった場合に対象者と間違われて面倒な思いをする事も無いとは言えません。

場所がわからなくなった場合はすぐ聞いて、長時間の行方不明にならないように気を付けて、一人で関係の無い場所に出入りしたり探し回ったりする事の無いようにご注意下さい。

⑥業務上の安全を遵守

派遣や単発アルバイトは慣れていない職場でのお仕事になりますので、業務の手順を良く確認して、わからない事があったら現場担当者に聞いてから業務を開始して下さい。

お仕事の性質上、取り返しのつかない失敗も多く潜んでいます。

自分の物を扱うと言う注意以上に善管注意義務(人の物を取り扱う善良な管理者としての注意義務)

を持って、一つ一つの業務を確実に行って事故が無く、安全な業務を遂行して下さい。

 

 

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

03-3614-5060
受付時間
9:00〜18:00
休業日
土・日・祝