看護師転職を成功させる為に

病院・クリニックの転職

看護師さんのお仕事はとっても様々で、初めての転職となると、確実な方向が定まっていない場合はとても悩む事になるかと思います。

ここでは病院・クリニックへの転職について書かせて頂きます。

病院のICU・CCU・HCU・救急外来・外科・内科・脳神経・循環器・消化器・泌尿器・産科・小児科など急性期の一般病棟では40代までの看護師さんの募集が多く、50代になると、忙しい業務に対応が出来ないのでは?と言う事を理由に断られてしまうケースがあります。

病院の外来や透析室、オペ室でも年齢の壁は40代~50代が境になっているようです。

また、経験的な部分ではプリセプターがついて指導をしっかりしてくれる急性期病院で4年以上の勤務経験があると転職する際に有利です。

但し、卒後1年~2年で病院が合わない事で退職をしても採用をして下さる病院は多くありますので、その後、少なくとも3年以上同じ病院で勤務をしてキャリアを形成すれば、次の転職もしやすくなります。

出きれば、同じ所に長くご勤務されるのが一番かと思いますが、どうしても他の病院を見てみたい、専門性を磨きたいという理由で転職をされるのであれば、短い期間に転職を繰り返さないよう、慎重に職場を選んで、少しでも長くご勤務出来る病院を探してください。

回復期リハビリ病棟・地域包括ケア病棟では50代前半のご年齢の看護師さんも採用している病院も多く、医療療養病棟・介護療養病棟などでは50代後半でも採用の対象になります。

ただ、急性期から療養型に転職をするとあまりにも今までと業務の雰囲気が違っていて、急性期でおこなっていた医療的な処置が、療養型では痰の吸引やおむつ交換、体位交換、経管栄養の接続などの繰り返しで、業務内容が合わない事を理由に退職してしまう看護師さんも少なくありません。

精神科病棟から看護業務を始めた看護師さんも注意が必要です。

一般病棟から精神科病棟への転職は医療的な業務を経験しているので、比較的楽ですが、精神科病棟は急性期も療養も一般病棟と業務内容が異なる為、一般病棟に転職をした場合、1から基本業務を学び直さないといけなくなります。

精神科病棟を併せ持つ総合病院も新卒は精神科病棟に配属しないと言う所も中にはあるようです。

 

クリニックも各診療科目ごとに看護師さんの業務が変わりますが、注射、採血、心電図、内視鏡の介助などの経験が豊富ですと転職の際に有利です。

傾向としてクリニックは20代~40代位の看護師さんを募集している事が多く、掃除から片付け、受付と言った業務も依頼される事があります。

有床クリニック(19床以下の病床を持つクリニック)でも二交代の常勤看護師さんや夜勤専従パート、日勤パートの募集を行っております。

高齢者の長期入院や在宅に向けてリハビリもある地域包括ケア病棟などが多いようです。

有床クリニックでは、今までの経験をフル活用する必要がありますので、ベテランの看護師さんが求められる場合が多く、どちらかと言うと臨機応変な対応が出来る方を求める傾向にあります。

病院やクリニックなど規模や先生の方針によっても雰囲気が大きく左右されますので、必ず紹介実績のある、人材紹介会社や友人、知人などで情報を持っている方からお話を聞いて、失敗の無い転職を目指しましょう!

 

高齢者施設への転職のご注意

医療度が高く、在宅復帰を目指す老人保健施設や要介護4~5のターミナルの方が入所をする特別養護老人ホーム・また、経済的に余裕のある利用者さんが多い有料老人ホーム他、高齢者施設の求人もとても増えております。

看護師さんの中には急性期の病院での忙しい業務に疲れて、ゆっくり利用者さんとかかわりを持てる高齢者施設へ転職した方が、もっとやりがいを持ってお仕事が出来るのでは?と期待して転職をされる方もおります。

高齢者施設が合う看護師さんも多い反面、こんなはずじゃ!と入職後、違和感を持つ看護師さんもおります。

ここでは、高齢者施設がどの様な感じかまとめてみたいと思います。

老人保健施設への転職
老人保健施設は介護度1~5の利用者さんが介護保険を使って入所しています。
基本的には入所から3ヶ月で自宅復帰が出来るようリハビリに励んだり、様々な疾患があっても医師の管理の基、病気をコントロールしながら入所しています。
但し、3ヶ月で退所出来ない利用者さんの方が多くいらっしゃるのが実情のようです。
なお、認知症病床を作っている施設も多く、認知の入所者さんの拘束などはもちろん行わないのが通例の為、看護師さん、介護士さんが業務を行う上で様々な工夫や苦労があると伺っております。

また、介護保険を利用していても月々かかる費用は10万円台~高い所ですと40万円を超える施設もありますので、高級な施設になるほど利用者さんやご家族への言葉遣いやマナーと言った接遇も厳しい物を求められてきます。

特別養護老人ホームは介護度が高く、年齢も80歳以上の高齢者さんが入所待ちをしているので、すぐ入ることが出来ず、有料老人ホームはホームは運営会社により特色はあるものの、利用者さんの疾患で入所の限定が有り、全ての在宅介護困難者を受け入れる事が出来ない為、老人保健施設が受け皿にならざるを得ません。

そんな老人保健施設は医師がホーム長や施設長として勤務しており、優秀な先生も数多くいらっしゃいますが、70歳に手が届く先生が、とにかく居ればいいと言う事でやや暴走している事も少なくありません。
あまり適切でない薬の投薬や利用者さんの状態の判断などで、看護師さんが戸惑う事もあります。
その為、病院での看護経験が少ない看護師さんが老健施設に転職をすると、医療的な判断で誤った業務を行ってしまう事もありますので、注意が必要です。

また、介護士さんが看護師さんの5倍は居ますので、パワーバランスも病院とは全然違います。
発言権の強い介護士さんと業務を上手く分担しながら、コミュニケーションを取って仕事をしていく事が求められます。
介護士さんのお仕事を手伝うのは一見良さそうにも思えますが、既に出来上がっている業務の線引きを越えて介護の仕事を多く手伝うと、今度は看護師さんからその業務は介護士さんの業務なのでやらない事!と注意を受ける場合もあります。
やり過ぎると自分達も業務の幅が増えるといった事に対してのお叱りです。

最初に、今まで実際に伺った事がある問題点を列記しましたが、上記は特別なケースもありまして、業務にも慣れてくると病院とは違った、利用者さんとの関わりも持てますし、急性期病院の様にバタバタしていませんので、業務にゆとりが出て、やりがいにつながる事も事実です。

一つ言えます事は老人保健施設は十分な病院での看護経験とコミュニケーション能力を最大限に活用し、どの程度の介護業務が看護師に求められるかをしっかり確認をした上で入職する事をお勧め致します。




 

 

特別養護老人ホームへの転職の注意

介護度が4から5で入所者の年齢が85歳を越えている特別養護老人ホームは入所費用が安い為、入所待ちの介護困難者で溢れています。

ここでは特別養護老人ホームの転職における注意点を書いてみたいと思います。

オンコール対応による注意

入所した利用者さんが最後の時を迎える、ターミナルの施設が特別養護老人ホームです。

介護保険によって成り立っており、入所費用が安い為、在宅や他の施設にいらっしゃる高齢者さんが順番待ちをしています。

寝たきりの利用者さんが多く、疾患も持っていますが、ターミナルの施設の為、医師は常駐しておりません。

定期的に内科の医師が診察に来たり、状態が悪くなった利用者さんはかかりつけの先生に診てもらったりしています。

 

また、夜間は介護士さんだけで夜勤を行っている特養が多く、

利用者さんが急変された場合は看護師や医師に電話で状態を伝えて救急搬送するようなシステムになっております。

夜間の電話待機、オンコール業務の有る特養では、面接時にナースの数は〇人いるので、慣れて来たらオンコールも分担して担当してもらいますと施設長や看護の責任者さんからオンコールに関してのお話があると思います。

当初、週1回程度のオンコールを担当して欲しいとお話があっても退職により看護師さんの数が減ったり、求人をしてもオンコールが出来ないパートの看護師さんが増えたりした場合、オンコールが月に10回になったりする事も珍しくありません。

 

オンコールは1回2000円位で、実際の呼び出で夜間業務をした場合は割り増しのお給料を出してくれます。

ただ、翌日が日勤の場合、ゆっくり来ていいわけでは無いので、翌日も早起きをして業務が出来る体力を持った看護師さんや、呼び出しが無くても電話で起こされてからすぐ熟睡出来る体質かどうか、自分の体と良く相談をして下さい。

特別養護老人ホームは費用が安い為、利用者さんのご家族から特別な薬は使わないで、極力入所費用を安く抑えて欲しいと言う要望があり、利用者さんの状態とご家族の意見のギャップに悩まされる事もあると伺っております。

 

但し、他の高齢者施設より入所者さんとの関わりも緊密な物があり、急性期から慢性期を過ぎ、ターミナル期はどの様な看護や利用者さんとの関わりを持って接していけばいいのかと言う、看護師さんにとっての職業的知識欲の為、特別養護老人ホームで勤務をする事はとても重要な事でもあります。

また、老健施設や有料老人ホームに比べて賞与が高い施設が多くありますので、やりがいにつながるかもしれません。

勤務者の年齢が40代~70歳位までの看護師さんが比較的多くおり、長く勤務している看護師さんもいらっしゃいますので、難しそうな先輩がいらっしゃらないか、紹介予定派遣(6カ月までのトライアル期間利用して求職者と求人側、双方の合意があった場合に正職員になる契約)を利用されるのも一つの手かと思いますので、ご確認下さい。

 

有料老人ホームでの転職の注意

大手企業が参入して、相次いでホームを新設しております有料老人ホーム!

入居する費用が高い事で知られております有料老人ホームですが、お仕事がどの様な感じかこちらも問題点をお知らせ致します。

有料老人ホームへの転職

有料老人ホームは運営する企業(元々は介護とは一切関係の無い企業さん)が参入して、ホームの運営にあったっていらっしゃいます。

近隣を見渡しますと、新しい有料老人ホームが新設されていたりする事にびっくりしますが、2025年にいわゆる団塊の世代が後期高齢者(75歳)に達する2025年問題からおよそ30年間2055年までは利用者の数を確保できると言う事でホームは新設されておりますが、現在、介護士不足が慢性的になっており、施設だけでは無く、病院でも介護士の獲得に躍起になっているのが現状です。

有料老人ホームでの看護師さんの求人は安定していて、今後も定年が65歳までになる事業所も増えそうです。

そんな有料老人ホームですが、入所費用が高く、入所者も介護度が2.5~3.5位の施設が多い為、利用者さんの意識もしっかりしていてやや、上からの目線で物を言われる事も少なくありません。

医療度が低い所は入所者さんも元気で良好な関係を築くことが出来ればお仕事もしやすいと思います。

ただ、入所の為の費用が高いので、看護師さんを使用人扱いする利用者さんもいたり、家族への対応も徹底した接遇が必要になります。

医療度は有料老人ホームよってまちまちで、介護度もまちまちです。

経管栄養の人数や利用者さんの疾患などをしっかり聞いて勤務しましょう。

また、介護的な業務の幅も有料老人ホームによって差があります。

オムツ交換・体位交換など問題無く出来る看護師さんは良いのですが、過去に腰を痛めた事がある看護師さんは介護的な業務がどの程度あるかしっかり確認しましょう。

 

人材会社のしくみと面接について

医療現場でご勤務される看護師さんの為の人材派遣のしくみや流れを記載いたしました。

ご参考にどうぞ。

あまりピンと来ない、人材紹介(有料職業紹介)について詳しくご説明しております。

ご参考にどうぞ。

看護師・助産師さんの面接に関しまして、心構えやよくあるご質問事項などをまとめてご説明しております。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

03-3614-5060
受付時間
9:00〜18:00
休業日
土・日・祝